s://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

5分で読める「メモの魔力」 要約型レビュー

要約

 

〜書籍情報〜

・タイトル

メモの魔力

・著者

前田裕二

出版社

幻冬社

 

 

〜要点〜

1.メモには2つの種類があると言うこと。

ファクト(事実)を記録するためのメモ

↪︎打ち合わせや会議の日程、話した内容など。

誰もがこのような使い方をしていたのではないですか?

実際僕自身も、この本「メモの魔力」に出会うまでそうでした。

 

「知的生産のためのメモ」

↪︎「知的生産のためのメモ」とは、ファクト(事実)をもとに新たな発想やアイディアを生み出すメモ術。また、新たな付加価値を生み出すためのメモのことを言います。

つまり、メモしたファクト(事実)を材料にし、そこに自分の発想や知識、過去の経験を当てはめて新たなものを生み出すためのメモのことを言います。

また、ファクト(事実)とファクト(事実)を掛け合わせて新たなものを作りだすこともできますよね。

 

 

2.メモの方法論

2・1 ノートは見開き

理由

・思考が窮屈にならないようにするため

・左側に左脳的な「事実」、右側に右脳的な「発想」と、脳の使い方によって書くスペースを分けるため

・左から書いていくことによって「右側を埋めなくてはならない」という思考を導くため

2・2 左側のページには「ファクト」

・客観的な事実や会議での会話。記憶に留めときたい事を書きます

2・3    上記であげた「ファクト」を抽象化する

・次に、書き留めておいた具体的な「ファクト」を抽象化していきます

↪︎抽象化とは、思考における手法の1つ。対象から注目すべき要素を重点的に抜き出して他は無視する方法。つまり、大事なことだけ抜きだして他は捨てる事。

 

著者は抽象化する際に、3パターンの問いを活用しています。

(1)What型

(2)How型

(3)Why型←重要

ファクト(事実)に対して、常にこう問いかける事によってより深い抽象化になっていきます

2・4     抽象化した事を自分のアクション「行動」に転用する

・少し簡単にするとこうなります

インプットした具体的なファクト(事実)から、大事な要素だけざっくり抜き取り抜き取ったその大事な要素を、自分の行っている事や継続してきた事、またこれからやりたい事(行動)に当てはめていく。

黄色=ファクト

赤色=抽象化

青色=転用

少し見ずらくなってしまった気もしますが、こうなりますね。

 

 

まとめ

・メモには2種類あるという事

1・ ファクト「事実」を記録するためのメモ

2・  知的生産のためのメモ←重要

↪︎知的生産のためのメモのポイント

1・ファクト(事実)を正しく理解する

2・抽象化する

3・自分のアクションに転用する

・抽象化する際には3つの問いを活用する

1・What型

2・How型

3・Why型←重要

 

以上が僕が「メモの魔力」を読んでみて最も皆様にお伝えしたいと思った内容です。

本書にはもっと細かく例えが載っていたり、他の色々なノウハウが紹介されています。

ぜひとも僕の要約を読んで、本書に興味を持っていただければ幸いです!!!

 

メモの魔力 The Magic of Memo (NewsPicks Book) [ 前田裕二 ]

価格:1,540円
(2020/4/20 17:58時点)
感想(44件)

コメント

  1. uvexewcu より:

    [url=http://mewkid.net/when-is-xaxlop/]Buy Amoxicillin Online[/url] Amoxicillin yiu.zudz.sino-fx.com.ocp.kr http://mewkid.net/when-is-xaxlop/

  2. icowurugumik より:

    [url=http://mewkid.net/when-is-xaxlop/]Buy Amoxicillin Online[/url] Buy Amoxil lmf.oepe.sino-fx.com.gdt.iq http://mewkid.net/when-is-xaxlop/

タイトルとURLをコピーしました